tools.Life with dog
SnowPeak・ギガパワーLIストーブ剛炎
Lantern & Stove
剛炎

8500Kcalって必要?1.8Kgって重すぎ・・・そしてシングルストーブで3諭吉越えってありえないでしょ。なんて発売当初バカにしていたが、使ってるシーンを見ると便利そう。とその印象は徐々に好転しついに購入。使って見るとアラ便利。
従来は屋外だから仕方ないよね。なんて家庭でのガスレンジに劣る性能で我慢していたが、これだとそのストレスがまったく無く家のように調理出来る。燃料消費が激しいのが難ですが・・・

2008.9.購入


【良い所】
○しっかりした脚付き構造が便利
○火力が強い
○液だし構造は気化し難い温度でも頼もしい
○思ったより取り扱いが楽で、火力調整も容易

【欠点】
●収納サイズが大きい
●トロ火は可能なのだがそれでも火円が大きく炊飯には適さない
●トロ火だと風に弱い
●燃料消費が激しい(1泊でも2缶以上持って行かないと不安)
●液だし専用缶は専門ショップでないと手に入り難い
●イグナイターが欲しい

【オプション】
なし

最近ツーバーナーもIGTも使わなくなった我家。調理をするのはもっぱらシングルバーナーだが、これを使うにはテーブルか地面でという事になり、それ用にユニの焚き火テーブルを追加しようと考えていた。
そしてSPのガス缶構成・混合内容が変更になり、従来低温に強かったプロパン比率の高い"赤缶"が無くなった(使えなくなった)ことにより、冬場はWGバーナーに頼る事になったのだが、やはり日常的になるとポンピングも面倒だしママでは扱えない。

だったら剛炎買えば全て解決するんぢゃ?ということで買ってみた。なるほど脚があるのはテーブル要らずで何処でも料理出来るし、液だしの取り扱いもWBに比べれば数倍簡単。ということで我家のお気に入りバーナーになりつつあります。
ただこれほどの火力は要らないな。脚はこのままで、もう少し火円の小さな剛炎Sがあったら欲しいかも。

【こだわりパパの評価】★★★★★ シュポシュポやらなくて助かる
【質実剛健ママの評価】★★★★★ トロ火が風に強ければ完璧

メーカー製品リンク
Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(0)
GENTOS・EX-777XP Explorer
Lantern & Stove
ジェントス

電池式ランタンって暗くて、重くて不経済で味気ない光色。というのが私が持つイメージだった。
経済的なLEDの性能も徐々に向上してきたが、やはりまだ暗く・青白い光でメインにはなり得ないなぁと思っていたのだが・・・
このランタンを初めてフィールドで体験して驚いた。明るい!しかもLEDなのに暖色の柔らかな灯りなのである。WGランタンには及ばないものの見た瞬間これは使える!と感じた。
しかも単1電池×3本で77時間連続点灯が可能なのだという。200A等のワンマントルランタンはだいたい1時間に60mlWGを消費するので4L缶で約67時間である。明るさの違いを差し引いてもかなり経済的な光源であると言える。
そしてこのランタンの最大の魅力はホヤを外し、吊るしてダウンライトになるところ。この直射光は非常に有効でWGランタンに及ばない光量をカバーするのに充分。我家のナイトシーンに革命をもたらしました。

2008.6.購入


【良い所】
○LEDなのに暖色
○明るい
○ダウンライトになる
○経済的
○取り扱いが楽

【欠点】
●外観デザインが無骨
●電池新品→空まで徐々に暗くなっていくので、電池の替え時が難しい

【オプション】
なし

ダウンライトは夜のキャンプシーンにはかなり有効。今まで見難かった鍋の中身は良く見え、炭火焼なども手元に持って来たら生焼けなんて事がなくなる。
そして火を使わないので安全・安心。しかも即時点灯&消灯が出来、テント内で使うにもかなり重宝する。テント内でダウンライトして使えば自宅に居る様な快適さ。難点は電池の特性によるものなのでエネループなどを使えば更に経済的に解決出来る。
直前に買った人気の高いBDのアポロはメーカーの素性もいいしカッコも良いが実用性では断然このジェントスに軍配。

【こだわりパパの評価】★★★★★ イチオシ!
【質実剛健ママの評価】★★★★★ これは楽々

メーカー製品リンク

Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(0)
SnowPeak・ギガパワーデルタポッド
Lantern & Stove
デルタポッド

WGのはあるんだけどママは使えないしちょっとした時に面倒。別体じゃないガスストーブはあるんだけど不安定で使い難い。
そんな不満が募って燃料タンク別体のガスストーブが欲しかった。
そして出来れば火力調整がタンク側で出来るものを。
本来のSPのバーナーは火調がバーナー部だし、条件を満たすものがプリムスやEPI、Zippoから出ていたが、どれも高い上、バーナー部の大きさが好みに合わない。
そんな時2007年の新製品として発売されたのがコレだ。別にSPにこだわった訳ではないが条件にピッタリだったので早速購入した。

2007.4.購入


【良い所】
○扱いが楽。ママでもOK。
○まぁまぁ小さくなる。
○火力も充分。

【欠点】
●燃焼音が以外に大きい。
●折りたたみの脚の作りが雑で不安定。
●出来ればイグナイターも手元に欲しかった。

DO直接はやや頼りないが、UFのタフ五徳にも良い高さ。
軽い鍋なら単体で充分でフライパンも振る事が出来る。火力調整も小気味よく感触は良い。
だが折りたたみの式の脚を伸ばした時にロックが不足で少し不安。

【こだわりパパの評価】★★★★ まぁいいんじゃない
【質実剛健ママの評価】★★★★★ 使い易い

メーカー製品リンク
Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(4)
ジェットボイル
Lantern & Stove
jetboil

ずっと気にはなっていたが、お湯を沸かすのに不自由はしてなかったので買わなかった所、持っている方に触発されて買ってしまった。使ってみるとなるほど確かに便利かも^^

じつはキャンプではお湯を沸かす事って意外に多い(前出の持っている方のお言葉)
確かにお湯が沸かせればコーヒーも飲めるし、インスタントラーメンも食べれるし、お湯割りにもグッド、洗い物にもお湯があれば便利・・・などなど確かにお湯を沸かす機会って多い。お湯があればなんとかなる。
でもコレじゃなくても沸かす道具はある・・・
ジェットボイルの最大の特徴は沸かす時間が早いこと。これにしてもいくらでも時間のあるキャンプで数分早い所でどおってことないのないのだけれど・・・
短時間で沸くってことはイコール燃料をあまり使わないってこと。つまり省エネに繋がり燃料代も安くあがるのだ。
しかも単に出力を上げて沸く時間を早くしているのではなく、熱伝導率の高い設計で高効率を実現しているのだ。なのでバーナー自体の最高出力は1200kcal/hほどしかなく燃料をあまり消費しない。
ちなみに専用缶は一番小さな110g缶だが、今までの装置で450g缶を使うくらいのお湯が沸かせるらしい。
オールインワンのスタッキングもキャンプでは無いとき等にも便利。

2007.10.購入


【良い所】
○沸かす時間が早い。
○省エネ。
○持ち運びが楽。
○蓋のお湯注ぎ口が尻こぼれせず絶妙。
○総合的に軽量。

【欠点】
●お湯を沸かすだけの商品
●カートリッジが割高(何でも使えるが)

汎用に使える五徳が付属しているが、バーナー部の火力はそれほど強くないので、他の調理器具を使うのにはあまり適さない。
だがお湯を沸かす道具が別にあるとツーバーナー要らず。シングルバーナーだけで充分です。
専用品であるガスだと冬場の火力が弱い。ちなみにガスは何処のガスでも使えます。

【こだわりパパの評価】★★★★まぁべつに無くてもいいけど
【質実剛健ママの評価】★★★★★キャンプにお湯は必需だから

メーカー製品リンク
Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(0)
Colman・ランタン200Bシリーズ
Lantern & Stove
ランタン

左からクラシックランタン、2004年シーズンズランタン、センティニアルランタン。
あまり古いものに興味がないので、最新スペックを使用している。

2004.10.購入〜


【良い所】
○点火が楽
○光の広がり方が実用的(SPのランタンに比べ)
○ガス式に比べ燃料のランニングコストが安い。
○明るさも抜群。
○光量調整が良好。
○どれもカッコイイ。
○マントルが小さくて丈夫。毎回使っているがまだ一度も替えたことがない。

【欠点】
●少し音がウルサいかな?といった程度。

元々見た目が好きで手に入れたセンティニアルランタンだったが、その明るさ、扱い易さに感激してクラシック、シーズンズと買い進んだ。さすがに歴史があるだけあってSnowPeakのWG式より数倍優れていると思う。
とても気に入ったので、シーズンズを全て集めようと思ったが、1度に使うランタンはせいぜい2つだと気づき醒めた^^;;

【こだわりパパの評価】★★★★★ 一押し。
【質実剛健ママの評価】??? ノーコメント

センティニアル

Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(3)
SnowPeak・ギガパワーWGランタン
Lantern & Stove
SPWGランタン

スノーピーク2004年カタログにこれをものスゴくカッコ良く使ってるシーンがあってずっと憧れだった。
そのタンク別体式のメカニカルな構造、膨大な光量を想像させる大きなマントル、随所に施したSPロゴマークなど、どこからどうみてもカッコ良くて購入したのだが・・・

2004.7.購入


【良い所】
○カッコイイ
○収納サイズが小さいというが・・(タンクも考えるとそれ程でもない)
○ガス式に比べ燃料のランニングコストが安い。

【欠点】
●扱いが難し過ぎ^^;; (但し今やったらもう少し上手くいくかも)
●光量調整が悪い。
●マントルが大きく壊れ易い。しかもセラミック使用で高価(BF共通)
●確かにマントルが大きい分光量はあるのだが、光が拡散してしまい、実用的ではない。(BF共通)
下部に光が行かず、横にいってしまう。
●燃費悪い。

当時このWGシリーズのポンプは2回にわたるリコールで問題があった。そのせいもあるが上手くいかないのはポンプが悪いのではないか?なんていつも疑いを持って使っていた。
そんなとき大炎上をやらかし、丸焦げになって以来使っていない^^;
今だったらもう少し上手く使えるかもしれない、今度使ってみようかな?

【こだわりパパの評価】★ 最悪だけどカッコイイ
【質実剛健ママの評価】??? ノーコメント

メーカー製品リンク

当初BFを買ったが2回の使用でWGに^^;; だって1晩で500タンクが無くなるんです。
BFランタン
Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(0)
Colman・パワーハウスLPツーバーナー
Lantern & Stove
colmanツーバーナー

元々これの緑色を持っていたが、M家に逢って速攻で赤に買い替えた^^;;
それだけ気に入っていたのだが、SPツーバーナーを購入してから登場の機会がない。

2004.10.購入


【良い所】
○火力調整&点火がワンダイヤル式なのはイイような悪い様な・・・
○軽い!収納時の厚みがなくて収納性が高い。
○掃除がし易い。
○火力も抜群。

【欠点】
●風防&蓋の蝶番の作りが悪い。
●蓋の留め金がプラスチックで壊れ易い。
●台座のスペースが小さいので大きな鍋やフライパンを振ることが出来ない。
●風防は外せるがそうするとバーナー部分がむき出しで風に弱くなる。(薄いのだから仕方ないが)
●イグナイターが壊れ易い(2台とも片方いかれてる)

SPのキッチンテーブルの収納袋に一緒に入れられる程薄くなり、重さもそこそこなのでとても気に入っている。フッ素加工のレンジ台は掃除がし易い。
ただもう出番は無いだろうなぁ〜と思っている。

【こだわりパパの評価】★★★★★
【質実剛健ママの評価】★★★★ ガス式なら別になんでもいい

メーカー製品リンク

エンボスロゴの入った蓋兼風防 エンボス
Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(2)
SnowPeak・ギガパワーツーバーナースタンダード
Lantern & Stove
SPツーバーナー

これが発売されたことにより、ぐっと手軽で身近になったIGT。ツーバーナーは持っていたがIGT導入には不可欠だったので購入。
Snow Peakのオリジナルである液だしタイプと迷ったが、万一ガス切れでも購入しやすい規格であること。店舗での実演を見た所、通常のガス式の方が火力調整のレスポンスが良く微小な弱火も可能だったのでスタンダードタイプにした。

2005.7.購入


【良い所】
○火力調整と点火が別になってるのが使い易い。
○あたりまえだがIGTのフィッティングは抜群。
○通常タイプでも純正のギガパワーガスを使えば冬でも充分に使用出来る。
○作りが良い。

【欠点】
●重い。なぜこんなに重く作るのか。
●角張り過ぎで持ち難い。
●掃除がし難い。
●高価過ぎ。

【オプション】
収納ケースとしてアイアングリルテーブル・ストーブフレームケース(W)収納ケース

とにかく重いという以外には欠点はないが、ちょっと高過ぎるような感じがする。もう少し作りを簡素にして軽く安く出来ないのだろうか?
我家での使用はいつもIGTとセットで単体での使用は皆無。豪華な風防もまったく用無し。
これをセットしてのIGTは最高、特に冬期キャンプでの鍋などは言う事無し。自宅でも使いたいようだ。

【こだわりパパの評価】★★★★ 重いのでマイナス1つ★
【質実剛健ママの評価】★★★★ ガス式なら別になんでもいい

メーカー製品リンク

Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(0)
SnowPeak・WGストーブラージアーバー
Lantern & Stove
ラージアーバー

MSR・ドラゴンフライがウルサ過ぎで不評なので、構造的に静かそうなので買ってみた。
微妙な火力調整が出来る事と、火円が大きいのが欲しかったので燃料別体式では他に選択肢が無かった。

2006.1.購入


【良い所】
○このストーブの最大の売りはビミョーな火力調整が可能な事だと思う。炊飯もバッチリ。
○バーナーヘッド径が大きいので、大きな鍋・DOでも効率が良い。
○静か〜
○冬でも火力が強い。

【欠点】
●バーナーヘッドが大きく、構造上かなりの加圧が必要。ポンピングが大変。
●ポンプーバーナー部をパイプでジョイントするが燃料漏れし易い。
●メーカーではプレヒート不要とうたっているがそんなことない。
●燃焼効率が悪い気がする。

SnowPeakのWGランタンと同じポンプ構造が少し不安だったのだが、選択肢が無いので購入してみたものの、やはり使い難くて参った。
ポンピング加圧によって勢い良く噴出させて霧化させガス化させるので、ポンピングを入念に行いなわないと霧化されないガソリンが漏れだし引火し炎上する。
ドランゴンフライに慣れてしまうとポンピングが煩わしい、倍以上する感覚だ。
タンク内に燃料が少ない時の新規着火はポンピングが大変なので、燃料を沢山入れて使用した方が良いと思う。
ポンピングさえ怠らなければ、なかなか良いストーブだと。最近思うようになった。

【こだわりパパの評価】★★★★ 静か・WG・別体はこれしかないので
【質実剛健ママの評価】★ 何回も炎上を見てるので怖い

メーカー製品リンク
Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(0)
MSR・ドラゴンフライ
Lantern & Stove
ドラゴン

テーブルにシングルストーブを置いて、鍋やジンギスカンをやりたかったので購入。それまでバーナーはずっとガス式だったので、冬期時での使用も考えランニングコストの安いホワイトガソリン式をいくつか検討したが、微妙な火力調整が出来るのと、赤いタンクに惚れて決めた。

2005.2.購入


【良い所】
○このストーブの最大の売りはビミョーな火力調整が可能な事だと思う。炊飯もバッチリ。
○プレヒートが安心で、し易い構造。
○五徳が大きく、大きな鍋にも対応。
○燃料別体式なので重心が低く、大きな鍋でも安心。
○風に強い。
○冬でも火力が強い。
○ガソリン・軽油・アルコールなど燃料を選ばない。

【欠点】
●中にはこれが魅力という人もいるが、燃焼音がウルサ過ぎ。鍋囲んでも会話が出来ない。
●あまりコンパクトにはならない。BPには重すぎる。

【オプション】
このストーブは高い割にタンクが別売。

普通プレヒートの構造としては、液体ガソリンが通過するパイプを加熱し、その熱によって液体をガス化して噴出口に送る。
ところがこのドラゴンは液体のまま噴出口から吐き出し、熱された金属の皿にぶつけてガス化させるので燃焼音がウルサい。
だがその分あまり加圧が要らずポンピングも楽だし、プレヒートも容易。
現在オートキャンプではほとんど使わないが、ソロでの使用に重宝している。
一度山小屋で無くして買い直したほど気には入っている。

【こだわりパパの評価】★★★★ 静かだったら満点
【質実剛健ママの評価】??? WGは問題外

メーカー製品リンク
Go to Lantern & Stove-INDEX
comments(0)
Prev| TOP | Next >>