tools.Life with dog
Snow Peak・オフトン#1
sleeping
オフトン

寒い時期にキャンプをやろうと思うとき、一番ネックになるのがこのシュラフだろう。
冬を除いた3シーズンシュラフは割合買い易いのだが、冬も暖かくとなるとけっこうな出費を覚悟しないといけない。
それまで化繊のシュラフを使っていたが、冬が訪れる前に思い切って購入した。
モンベルのダウンハガーと迷ったが、自宅で洗い易いという点でこのオフトンに決定!アイリがオネショをする可能性があるからだ^^;
ワンコと一緒に寝るママはワイドを、私はノーマルサイズを使用する。

2004.11.購入


【良い所】
○上下に分かれるので、年間を通して活用出来る。
○中がネル地なので、寒い時のヒヤっとする感じが無い(但し犬の毛がつく)
○自宅で洗濯が出来、洗うとロフト感も良くなる。
○羽毛は収納が楽。
○封筒型なので圧迫感がない。
○摂氏であれば充分な保温力。

【欠点】
●収納サイズが大きい。
●シュラフ自体の保温力はあるが、封筒型は厳寒時は向かない。
●カタログにはマイナス10℃〜となっているが、とてもムリ。快適に寝ようと思ったら0℃まで。

環境が変わるとワンコも失敗しやすい、思った通りアイリは何回かお漏らししたが、やはり気軽に洗えるのはイイ。
夏は上下別に、春・秋は2つを連結して大きな袋状にして、冬はそれぞれ独立して使用して様々な温度に対応する。
初年度の真冬は電源サイトでホットカーペットを敷いて寝ていたが、2年目からはこの中にモンベルシュラフを入れて電源なしで寝ている。そうするとマイナス10℃くらいまでは快適に寝ることが出来る。

【こだわりパパの評価】★★★★★ これはこれで
【質実剛健ママの評価】★★★★★ 寝具には金かけろ
洗えるのでワンコ連れにオススメv

メーカー製品リンク

中はネル地 ネル地
Go to sleeping-INDEX
comments(2)
SnowPeak・インナーマット
sleeping
インナーマット

アメニティドームを買って暫くはエアマットを使っていたのだが、寒い季節になりエアマットは地面の冷気が伝わり易いということを知り、断熱性が高いというインナーマットを購入した。
なるほど保温性も良く、ボトムの隅々まで広がる断熱マットは就寝時も広々使え、ワンコと一緒に過ごすのに最適。
サイトが芝生ならこれだけでも快適に寝る事が出来る。

2004.6.購入〜


【良い所】
○断熱性が高い。
○クッション性はまあまあ。
○狭いテント内でも設営・撤収が楽。

【欠点】
●デカイ。嵩張る。

設営してしまえば至極快適に過ごせイイなぁーとも思うのだが、いかんせん嵩張る。重さはないものの我家のキャンプ用品の中で一番の収納体積を誇り、保管も大変なのでアメニティドーム用しか持っていない。
アメニティより少し小さなランブリ5使用時は少し折って使用する。

【こだわりパパの評価】★★★ 体積があり過ぎ
【質実剛健ママの評価】★★★★★ 安眠できます


メーカー製品リンク
Go to sleeping-INDEX
comments(2)
mont-bell・ダウンハガー
sleeping
ダウンハガー

スノーピークのオフトンは収納サイズが大きいので、ソロ用にと#4を購入。ソロは冬はやらないの#4で充分と思ったが、秋には#4で間に合わない場面も多く、気に入ったので#1ロングも購入した。
ほんとは#0が欲しかったのだが、頭からすっぽり入るタイプなのでロングが欲しかったが#1止まりだったのが少し残念。

2007.2.購入


【良い所】
○収納サイズが小さい(オフトンに比べて)
○モンベル独自のスーパーストレッチ構造は、程よい収束感で圧迫感なくかつ暖か。
○厳寒時は以外に頭が寒い。頭が入るマミー型は暖か。
○意外に肌触りが良く、犬の毛が着き難いのはありがたい。
○#1は単体でもマイナス5℃くらいまでOK。

【欠点】
●ワンコが入ってくるとやはり狭い。
●横チャックだけのマミー型なので、通年を通しては使い難い。

#1と#4は羽毛量だけでなく、構造がまったく違う。#1の方が圧倒的に外気をシャットアウトする構造になっている。
我家はオートキャンプではこれだけでの使用はないが、厳冬期にオフトン内に入れて2重にして過ごしている。

単体利用では#4は最低気温が一ケタになるとちょっと辛い。#1は着込んで寝れば単体でも厳冬期を過ごす事が出来る。
オフトンも同じ#1スペックだが、頭からスッポリ入れるモンベルの方が断然暖かい。

【こだわりパパの評価】★★★★★ ソロに最適
【質実剛健ママの評価】★★★★★ 肌触りがいい

メーカー製品リンク
Go to sleeping-INDEX
comments(0)
Thermarest・トレイルR
sleeping
サーマレスト

インフレータブルマットは寝心地・断熱性ともに良く、収納もコンパクトになるというので購入。
薄いエアマットの中にスポンジが入っているような構造で、吸入口を開けておくとスポンジの復元力で空気が入るので、エアーポンプなどが必要無く畳めばコンパクトになる。
その寝心地はすばらしく、地熱も伝えない構造は感動もの。
2つ購入し、インナーマットを持って行くのがおっくうな時やインナールーム縮モードなどの狭い空間で寝る時に活用している。

2005.2.購入


【良い所】
○断熱性が高い。
○クッション性グッド。
○軽くてコンパクトに収納出来る。
○万一空気が漏れてもスポンジが入ってるので安心。

【欠点】
●マットの横幅が狭い
●高価
●インナーマットなどに比べると設営・撤収に手間がかかる。

マットの横幅が狭いので、広いテントの中で使うと(寝相が悪いので)朝はマットの上に寝ていないなんて時があるので、狭い所で使用した方がいいかも^^;
タイプにより厚み・長さ・横幅などをチョイス出来る。

【こだわりパパの評価】★★★★ もう少し広ければ
【質実剛健ママの評価】★★★★ 寝心地良好なれど狭い

メーカー製品リンク
Go to sleeping-INDEX
comments(2)
Thermarest・プロライト3&トレッカーチェア
sleeping
トレッカー

先のトレイル4はオートキャンプ用なので、ソロ用にもっと軽量でコンパクトになるプロライト3をチョイス。ソロではイスも持って行けないので同マットを活用するトレッカーチェアも同時に購入した。
トレイル4に比べ若干薄くなるため寝心地も悪く、コンパクトに畳む為設営撤収も少し大変だが、それでも快適に就寝することが出来。ハードなソロキャンプの安眠をサポートする。

2005.10.購入


【良い所】
○軽量・コンパクト
○収納サイズの割にクッション性も良い。
○万一空気が漏れてもスポンジが入ってるので安心。

【欠点】
●トレイル4と同等の欠点。
●軽量・コンパクトに畳むため生地が薄い。

先日原因不明のエア漏れになり、浴槽に浸けるも広範囲にエア漏れがしているので、寿命かな?と思ったが、どうやらカビが原因らしい。
ゆっくりと乾燥出来ずに撤収しなければならないシチュエーションも多く、更に生地が薄いので帰宅後のメンテナンスが重要と感じた。
現在はマットはmont-bellのULシステムコンフォートマット150を使用している。
まだ2回の使用だが、トレッカーチェアにも対応出来、値段の割にサーマレストと遜色無い性能だと思う。
トレッカーチェアは至極快適なのだが、これに座ると立ち歩きたくなくなり無精になる^^;

【こだわりパパの評価】★★★★ 軽量・コンパクトはやはり"きゃしゃ"なのか?
【質実剛健ママの評価】???

プロライト3メーカー製品リンク
トレッカーチェアメーカー製品リンク
Go to sleeping-INDEX
comments(0)
Prev| TOP | Next