tools.Life with dog
<< SnowPeak・ペンタ“シールド” | MAIN | SnowPeak・HDタープ“シールド”リップヘキサ S Pro. >>
OGAWA・ティエラ3
Tent & Turp
ティエラ3

冬季の我家定番のスタイルといえばリビシェルinアメS。
とても快適に過ごせるアイテムなのだが、不満点が無いわけではない。例えば意外に大きくて仰々しいなと思うシーンがあったり、−10℃と言った厳冬期にはストーブ一つでは快適とはならない等大きさの点と、冬場には寒々しいグレーシールドの遮光性だ。アクティビティを楽しむキャンプでは設営も少々面倒。

そこで1アイテムでコンパクトに過ごせる幕体を検討。条件は前室(リビング空間)は椅子2脚+αを置いて圧迫感無く過ごせるもの、就寝スペースは2人で充分。つまりテント部は小さく、リビングは広い幕体を求めているのだが、なかなか理想的なバランスが少ない。というか無い。(こういうのを求めているキャンパー層って多いと思うんだけど)
そこで若干バランス悪いけれど、一番理想に近いので購入してみた。

2008.2.購入



【良い所】
○設営・撤収が楽(リビシェルinアメSに比べて)
○インナーテントはフライシートを張る後でも先でも設営・撤収が出来る。
○フライシートのみでセットアップ出来、シェルターにもなる。
○フレームが幕体内側にあるのでそのフレームを活用したオプションが便利。
○インナーテントは4方向に開口&メッシュがあるので、開放的で便利。風通しが良く夏もいい。
 (テント内に居ながらフライシートのメッシュ操作が出来、外の様子が伺えるのはかなり重宝する)
○インナーテントはさすが付属品だけあって、パリッと張れてデッドスペースがない。
(リビシェル+インナーテントとは大違い)
○ベンチレーターの形状がしっかりしていて機能的。内側から操作出来る構造も◎

【欠点】
●クロスフレームが少なく、張り綱によるスタンディングの為、風が強い時は心もとない。
●貼り綱をするのに、フライシートに施された所しか出来ない。(オリジナルで補強が出来ない)
●フレームとフライシートの結合は内側からのベルクロに委ねられ、数も多く面倒。
●自立しないテントなので底部が乾かし難い。
●メインのフレームは2本繋がっていてボリュームがあり畳むのが少々大変。

【オプション】
メッシュラック。
グランドシート。

初めてのSP以外のファミリー向け幕体で少々勝手が違い、セルフスタンディングテープでの設営、フライシートとフレームのベルクロ固定や張り綱必需など、今までのテントと違う手間が増えたが、随所に現場での使いやすさ、過ごし易さ等の配慮が感じられ、快適さはこの上ない。
またライナーシートやフラップポール、実用性の高いペグ&ハンマー付属(使ってないけど)など幕体のみの購入で即実践投入出来るなどコストパフォーマンスが高い(実勢価格で)


【こだわりパパの評価】★★★★☆ 使う毎に良さが判る。これでもう少し華があれば^^;;
【質実剛健ママの評価】★★★★★ テントで立てるのは便利

メーカー製品リンク

前室前室 テント内テント内部
Go to Tent & Turp-INDEX
comments(2)
Talk with
静かだなと思ったらコッチをいじってたんですね。
INDEXとても見やすくなってます。さすがです!
そしてアピールも・・・
最近ティエラ3が気になって仕方ありません
でも買うならアレとセットですよね?(汗)
| ジョンパパ | 2008/08/19 8:48 PM |
ジョンパパさん。
放置プレイでスンマソ。
ということで・・・ということでいいですか?(笑)
まだ体験してないんですけど秋〜冬に良さそうですよ^^
もちろんセットで。
とゆーより2つで一つです(爆)
| baron-papa | 2008/08/22 10:50 AM |









 
edit
Prev| TOP | Next