tools.Life with dog
WERNER・kalliste
Activitys


登山なら靴。カヌーならパドル。と言われる程動力が伝わる部分なので最も大事と言われるアイテム。
カヤックを始めた初年度は460T購入時にスターターキットとして買ったパドルを使っていたが、2年目に入り続きそうということと、カヌー関連の必需品がほぼ揃ったのでパドルを新調。
どうせならと一番カッコよく、高いヤツにした。カーボンルックでベントシャフトが憧れだった

Neutral Bent Shaft regular 220cm
2008.5.購入


【良い所】
○色・形状ともカッコいい。
○超軽量
○コア(中空)ブレードは水ヌケが良い
○ベントシャフトは漕ぎ易い

【欠点】
●220cmは460Tには短い
●高い
●ベントのレギュラーは指の短い私には少し太かった

ほとんど見た目(カッコ良さ)と軽さで買ったので、私にはまだまだ宝の持ち腐れで、その良さは判らないだろうと思ったのですが・・・使ってみて驚いた。
ベントシャフトという力が入れ易いシャフト形状、加えて水をキャッチし易く、水ヌケし易いという相反する要素を可能にしてしまうフォームコア構造のブレードと、人間工学とハイテクを駆使したこのパドルは。
本体自体の軽量化も手伝って、パドリングがとにかく楽!運動量が圧倒的に少ない感じがする。
逆に運動量を以前と同じにすると早い!ぐんぐん進む!→行動範囲が広がる→未知への遭遇・・・という楽しさのスパイラルでますますカヌーの虜になる。

本来はエクスペディション目的の、長距離を漕ぐエキスパートの為のパドルなんだろうけど、老いた体力の初心者にも優しく、カヌーの魅力が広がった感じがしました。
逆にベテランで体力ある人には必要ないのかも?しれません


【こだわりパパの評価】★★★★★ もう元には戻れない
【質実剛健ママの評価】★★★★★ 軽くていい

メーカー商品リンク
Go to Activitys-INDEX
comments(2)
<< Prev| TOP | Next >>